ネトウヨカトリック・サーディアのブログ

日本カトリック界隈をネトウヨするサーディアの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【詳報】若者たちの右傾化

 ※初めに
 この記事は前の速報記事に関連しています。菊池司教と信徒らとのツイッター上での議論の発端は、この記事の中心話題である「若者たちの右傾化」という文章です。

イエズス会といえば中学校の歴史の授業を思い出す方も多いのではないでしょうか。日本にキリスト教カトリックを初めて伝えた聖フランシスコ・ザビエル(日本の守護聖人)が創設メンバーの一人であった組織です。
イエズス会は今や世界的組織であり、ごく詳細な説明はwikipedia先生にゆずりますが、現教皇フランシスコもイエズス会出身で、およそキリスト教について少しは知っているという人ならば知っているであろう、とても有名な組織と言ってよいでしょう。
もちろんイエズス会は現代日本でも活動しています。イエズス会日本管区本部は東京麹町、上智大学に隣接している聖イグナチオ教会にあり、その本部には社会問題を専門的に扱うイエズス会社会司牧センターも置かれています。
その社会司牧センターは「わたしたちの意見・考え・報告」をネット上に掲載しています。
わたしたちはこう考える(イエズス会社会司牧センター)
  ※所属している、いち個人の意見なんて逃げは許されません。「わたしたちは」こう考える、なんですから。おかしいと思ったセンター員が強く反対すれば、ここには掲載されないでしょう。

その中の今回問題にしたい記事がこちら。
若者たちの右傾化 - 都知事選の結果から
タイムスタンプ:2014.02.12 著者:光延 一郎

去年ですね。直近の東京都知事選挙は2014/2/9に舛添要一氏が当選していますから、この記事は数日後に書かれネットにアップされたとみて間違いないでしょう。
記事の内容は…これはヒドい
しかも執筆しているのは上智大学神学部部長・イエズス会司祭であり、社会司牧センター所長、光延一郎神父。

自分サーディアにはキツい作業ですが内容を詳しく見ていきます。
神よ、どうか完遂できますように。聖霊きてください。アーメン✝



問題の文章は匿名のメールから始まります。

はなから大多数の老齢有権者を「情報弱者」と見下しています。
次に田母神候補を「バカウヨ芸人」と貶しています。
さらに若年有権者を「深刻な知能低下を懸念する必要がある」とまで貶めています。

このように他者を見下す精神はカトリックの精神でしょうか?
自分サーディアは「決して違う」と答えます。
教皇様はこのような態度をとれと仰っておられるでしょうか。
「老人や若者は社会の宝だ」と仰っておられたと記憶しています。

光延神父から紹介されている匿名のメール主は友人を紹介し、

最近の小学校教諭は学生運動を体験しておらず、社会への問題意識がないため、児童に考える力をつけさせるまともな教育ができない

その結果が田母神に投票する「バカウヨ」を生んだと結論づけています。
見下し、けなし、他者への敬意をここまで失えるものなのでしょうか。
自分サーディアはこのような文章に強い哀しみと懸念を覚えます。
光延神父はこの傲慢な匿名メール主らに何をなさっているのでしょう。

「20代の24%が田母神に投票した」ということに、私もショックと危機感を感じます。

同意しているだけですか?
自分サーディアなら何とかして彼らの魂が、
神に跪いて謙虚になるように祈りもし語りもする、そうしたいです。

都知事選の結果について語る2人の人の話から、
「こういう若者の右傾化」の具体例として、
話は光延神父の体験、主に若者のレポートのコピペにうつります。
その若者たちのレポートは各々が読まれると良いでしょう。

今回の主題は光延神父らイエズス会社会司牧センターです。

この学生は、南京大虐殺を肯定する誠実な歴史研究(少し専門的に調べればこちらの言い分が世界から正当性を得ているのは明白です)を全否定し、それを陰謀だとしています。

たとえを用いましょう。
初期教会はイエスキリストの復活、死者の復活を肯定し信じていました。
当時のギリシャ・ローマ「世界」は死者の復活などないと否定していました。
イエスキリストの遺骸が消えたのはキリスト者の陰謀で、盗んだのだと。
ユダヤ人もそう考えていました。
しかし、初期キリスト教徒の地下教会の少数の人々は復活は正しいと信じていました。
イエズス会司祭である光延神父はどう考えるでしょうか。
すくなくとも論理的(理性的)には「多数性・権威性は正当性を担保しません」。
光延神父は多数性・権威性の2つの論理的誤謬を犯してしまっているようです。

つまり、ネット右翼や現政権、およびそれに連なる政治家やメディア関係者(NHKなど)の表面的で煽動的な言説を盲信して、国粋主義的な狭い枠に閉じ込められているようです。そして、こうした言説の根底にある人権や人間の尊厳の軽視(思想・信条・良心の自由の否定、差別排外主義など)を受けいれてしまっています。こうした言説とキリスト教的な愛や真理の追究、開かれた精神との齟齬に気づいていません。

「感情の充填された語」、3つ目の誤謬です。

今の若者は、誰でもなんでも言えるネットやSNSにおいて頭の中でだけの自己膨張感にひたっていて、他者との生きた関係の中で(論破されたり、そこから反省したりという)思想を養う訓練が足りないように思います。その上、政治家の劣化など、社会の良心的規範がぼやけている、さらに不況で深く考える余裕がない…という悪循環です。このままいけば、本当に1930年代の再来は目の前のように思います。若者たちが、もっと平和をまっすぐ見つめるために、何が必要なのでしょう?

ではこの反論を光延神父とイエズス会社会司牧センターに捧げます。

教皇様は言っておられたと自分は記憶しています。
「ネットも現実」なのだと。ネットの世界に飛び出して地の果てまで宣教しなさいと。
ネットの世界が現実なら「生きた関係」を結ぶことも可能です。
ですから、この文章のURLをイエズス会社会司牧センターと光延神父あてに送ります。
公開反論文として。誠実な回答(「論破」や被論破や「反省」)を期待して。

イエズス会社会司牧センターと光延神父。貴方がたは、
隣人や自己の傲慢を放置し同意し膨張させている世間的通念(悪霊)と、
「キリスト教的な愛や真理の追究、開かれた精神との齟齬に気づいていません」。

イエズス会社会司牧センターと光延神父。貴方がたは、
基本的な論理的誤謬を回避する「訓練」ができていません。
4つ目の論理的誤謬は「早まった一般化」です。

イエズス会東京管区は何をしているのでしょうか。
社会司牧センターがこのような現状をネットに晒しているのを1年も放置した。
イエズス会東京管区の方々にも、
社会司牧センターの隣人として返答を求めます。

「もっと平和をまっすぐ見つめるために」
誠実、真摯な回答を期待しています。

(読者の皆様へ。ガチでこのURLを
これからイエズス会東京管区とイエズス会社会司牧センターに送ります)

↓この記事を良い記事だなと思った方は拍手ボタンをクリックしていってね。

【詳報】偽の予言をする者

今回は浜矩子女士についてです。

日本のエコノミスト。
同志社大学大学院ビジネス研究科専門職学位課程教授。
専門は「国際経済学」-wikipediaより

カトリック船橋学習センターガリラヤ

浜 矩子
カトリック渋谷教会信徒
同志社大学大学院ビジネス研究科教授
「国際経済学」専門-講師紹介より

浜矩子著『新・国富論』を読んで

浜矩子さんと言えば、わが国の経済学者の中では特異の存在だと早くから注目していたのだが、ある論文で自分はカトリック信者であると告白されているのを見て、さもありなんという思いであった。

以上、浜矩子女士が渋谷教会に所属していた(いる?)カトリック信徒である事は間違いない事だと思われます。
そして自分サーディアが選ばせていただいた彼女の著書がこちら。

2009-2019年 大恐慌 失われる10年
2010年日本経済―「二番底」不況へ突入する!
2011年日本経済 ―ソブリン恐慌の年になる!
2012年 資本主義経済 大清算の年になる
2013年世界経済総崩れの年になる!
2014年 戦後最大級の経済危機がやって来る!
以上全て、高橋 乗宣(著),浜 矩子(著)

申し訳ない事にこれらの本は読んだことがないのです、自分。
しかしタイトルにあるような事が起きたでしょうか。

2015年日本経済 景気大失速の年になる!

なるでしょうか。自分サーディアにはそうは思えません。
この目まいがする偽の予言のような著作のタイトル。
さらに愕然とするのが、次のニュースとの落差です。

東京教区ニュース第317号(2014/11/1発行)
東京カテドラル関口教会 聖マリア大聖堂 献堂50周年 記念行事

12/14(日) 待降節第3主日
午後5時~ 浜矩子氏の講演 「『福音の喜び』を読んで (現代社会と教会の役割)」

自分サーディアは、彼女がカトリック信徒であることを認めます。
そして献堂記念講演で演説をする大学教授であることを認めます。
よって彼女をカトリック教会における「教役者」のひとりであると認めます。
たとえ司祭・司教の叙階を受けていなかったからとしても、
実質的に彼女は他の信徒に対して自分の専門分野を教える事が出来る能力を与えられ、また実質的に教えるように講演をしているからです。

自分サーディアは東京大司教区のいち信徒として、
東京の教会のこのような状態を深く憂慮します。

浜矩子女士の周囲のカトリック信徒は何をしているのでしょうか。
彼女の現在所属している教会が渋谷教会なのかまではわかりませんが、
彼女を長年、偽予言者のような状態のままにしている。
何も出来ないでいるのか。彼女の周囲の信徒・司祭・司教に対して憤りさえ感じます。
あなた方は何をしているのか、と。

どうか彼女が悲観の偽予言で商売をするような生活から解放されますように。
彼女の周囲の信徒がそれを助けますように。守護の天使が助けますように。

この記事を彼女に捧げます。
貴女が主イエスキリストの御手によって癒され、
偽予言の悪霊から解放されますように。アーメン✝

↓この記事を良い記事だなと思った方は拍手ボタンをクリックしていってね。

いろいろな問題とは?

東京大司教区・幸田和生司教はそのブログで語る。

 原発をなくすことによっていろいろな問題が起こるだろう。国民生活にマイナスの影響が出るのも事実だろう。だが目先の損得を計算して脱原発を「非現実的」と断じ、原発を続けることが正しいのか。


http://nativitas.blog130.fc2.com/blog-entry-99.html

「いろいろな問題」とは具体的に何か。
事実「国民生活にマイナスの影響が出る」だろうが、それはどの程度か。
我々がその「マイナスの影響」を許容できると断ずることが出来るのは何故なのか。
「原発を続けることが正し」くない理由はなにか。

こうした疑問に脱原発派は果たして答えられただろうか。
幸田司教の2年前の記事だが、この2年間自分サーディアは、
一言半句もこの答えを耳にしていない。
それは自分サーディアの耳が聞こえないからだろうか。
彼らの声が小さいからだろうか。
それとも、彼らが答えていないからだろうか。

「問題に真摯に取り組んで」こなかったからだろうか。

自分サーディアの目には、
問題に真摯に取り組んでいる「原発推進派」とレッテル貼りされながらも、
現実的な議論を積み重ねている政府や議員たちが写っている。

↓この記事を良い記事だなと思った方は拍手ボタンをクリックしていってね。

なぜ?

東京大司教区大司教・岡田武夫さまのツイッターアカウント。
https://twitter.com/petertakeookada
なぜ非公開なのでしょう。
ツイッター用語でいう「鍵のかかった」状態です。
この記事を書いている時には、です。

↓この記事を良い記事だなと思った方は拍手ボタンをクリックしていってね。

司教のネット署名活動

カトリック札幌教区司教・勝谷太治さま。司教の名を使ってネット署名集めをする。
このような政治活動を信徒として憂慮します。


スクショ:http://blog-imgs-78.fc2.com/s/a/h/sahdia01didymus/2015031121025609b.png

↓この記事を良い記事だなと思った方は拍手ボタンをクリックしていってね。
カウンター
プロフィール

サーディア

文責:サーディア


記事を良いと思ったら気軽に
拍手ボタンをクリック下さい。
励みと参考にして頑張ります。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。