ネトウヨカトリック・サーディアのブログ

日本カトリック界隈をネトウヨするサーディアの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【詳報】偽の予言をする者

今回は浜矩子女士についてです。

日本のエコノミスト。
同志社大学大学院ビジネス研究科専門職学位課程教授。
専門は「国際経済学」-wikipediaより

カトリック船橋学習センターガリラヤ

浜 矩子
カトリック渋谷教会信徒
同志社大学大学院ビジネス研究科教授
「国際経済学」専門-講師紹介より

浜矩子著『新・国富論』を読んで

浜矩子さんと言えば、わが国の経済学者の中では特異の存在だと早くから注目していたのだが、ある論文で自分はカトリック信者であると告白されているのを見て、さもありなんという思いであった。

以上、浜矩子女士が渋谷教会に所属していた(いる?)カトリック信徒である事は間違いない事だと思われます。
そして自分サーディアが選ばせていただいた彼女の著書がこちら。

2009-2019年 大恐慌 失われる10年
2010年日本経済―「二番底」不況へ突入する!
2011年日本経済 ―ソブリン恐慌の年になる!
2012年 資本主義経済 大清算の年になる
2013年世界経済総崩れの年になる!
2014年 戦後最大級の経済危機がやって来る!
以上全て、高橋 乗宣(著),浜 矩子(著)

申し訳ない事にこれらの本は読んだことがないのです、自分。
しかしタイトルにあるような事が起きたでしょうか。

2015年日本経済 景気大失速の年になる!

なるでしょうか。自分サーディアにはそうは思えません。
この目まいがする偽の予言のような著作のタイトル。
さらに愕然とするのが、次のニュースとの落差です。

東京教区ニュース第317号(2014/11/1発行)
東京カテドラル関口教会 聖マリア大聖堂 献堂50周年 記念行事

12/14(日) 待降節第3主日
午後5時~ 浜矩子氏の講演 「『福音の喜び』を読んで (現代社会と教会の役割)」

自分サーディアは、彼女がカトリック信徒であることを認めます。
そして献堂記念講演で演説をする大学教授であることを認めます。
よって彼女をカトリック教会における「教役者」のひとりであると認めます。
たとえ司祭・司教の叙階を受けていなかったからとしても、
実質的に彼女は他の信徒に対して自分の専門分野を教える事が出来る能力を与えられ、また実質的に教えるように講演をしているからです。

自分サーディアは東京大司教区のいち信徒として、
東京の教会のこのような状態を深く憂慮します。

浜矩子女士の周囲のカトリック信徒は何をしているのでしょうか。
彼女の現在所属している教会が渋谷教会なのかまではわかりませんが、
彼女を長年、偽予言者のような状態のままにしている。
何も出来ないでいるのか。彼女の周囲の信徒・司祭・司教に対して憤りさえ感じます。
あなた方は何をしているのか、と。

どうか彼女が悲観の偽予言で商売をするような生活から解放されますように。
彼女の周囲の信徒がそれを助けますように。守護の天使が助けますように。

この記事を彼女に捧げます。
貴女が主イエスキリストの御手によって癒され、
偽予言の悪霊から解放されますように。アーメン✝

↓この記事を良い記事だなと思った方は拍手ボタンをクリックしていってね。


追記:
直近の「2014年戦後最大級の経済危機」。起きてません。
浜矩子女士を偽予言者と自分サーディアがいうもっとも大きな理由です。
起きなかったじゃないか、と。本の内容読んでないけど、っていうね。
浜矩子女士を「教役者」と考える人たち、
彼女に「教役者」としての権威を与えて講演をさせている人たち、
彼らはこの事実、彼女の予言が外れているということを、どう考えるのか。
聞いてみたいものです。

再追記:


雨宮処凛
公式サイトにプロフィールがありました。
元愛国パンクバンドで右翼だったのが、いま週刊金曜日の編集委員?
週刊金曜日の界隈の人らと仲良くしてるんですねぇ。浜矩子女士。
反貧困ネットワーク、宇都宮けんじ元都知事候補など。
掘れば掘るほど知った名前が出ますね。フリーター全般労組。メーデー。単語がどんどん。

こんなリプも。ツイッターで。




関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

サーディア

文責:サーディア


記事を良いと思ったら気軽に
拍手ボタンをクリック下さい。
励みと参考にして頑張ります。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。