ネトウヨカトリック・サーディアのブログ

日本カトリック界隈をネトウヨするサーディアの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【詳報】正平協の冊子の回答

回答が届きました。ちょっとビックリ。まぁ詳細に見ていきましょう。

まずオイラの名前が間違ってます。漢字が違う。誰宛てですか?
まぁ、いいんでしょう、オイラに宛てようとしたのだと好意的に解釈します。

名義が「日本カトリック正義と平和協議会」になってます。
つまり今オイラの手元にある文書は、担当者のいち見解ではなく、
正平協の公式の回答ってこと? よく話がまとまりましたね。

「現政権(安倍政権)の次の狙いは97条の削除と基本的人権の制約です」
これが問題の個所ですが、まずひとつ。
97条を単に削除しただけでは基本的人権の制約にはなりません。
なぜなら11条で基本的人権を保障しているからです。

正平協は回答として3つ出してきました。
1つ、憲法全体を規定する第10章「最高法規」の項目から人権条項が削除されていること。
つまり97条(最高法規)からの削除がダメだということ。
だ・か・ら。ホントに。なにいってんのかと。
11条とかぶるってだけで、否定してませんって書いてあるじゃないですか自民党Q&Aに。
そんなに最高法規の章に入れなきゃマズいのですか? その根拠は書いてない。
11条は第3章「国民の権利と義務」にはいってます。なぜ、それだけでは悪いのか書いてない。
重複が問題なら97条の方へ統合すればいいじゃないかとか議論も出来る。

安倍政権が「基本的人権の制約」を狙っている証拠にはなりません。

2つ、改正案12条が基本的人権の制約の根拠。
改正案12条とは「憲法が保障する自由や権利は国民の不断の努力よって、保持しなければならない。
国民は、これを濫用してはならないのであって(以下略)」
これ要するに敵国シンパとかが、基本的人権を濫用して、
公益を損なう事を禁じて、日本という自由の国を守るための文章ですよね。
まったく逆の意味にとらえています。鏡越しにでも見てるんですかね、現実を。
地域の意見とかの美名を着せて、日本に他国が内政干渉してくることもありますから。
それに散々苦しめられてきたわけでしょう? 学生運動とかで。

これも地域エゴとか議論がある話なので、
即ち基本的人権の制約と言える証拠にはなりません。


3つ、99条、緊急事態には国民の生命と財産を守るために公的機関の指示を従わねばならないと書いてあること。
だ・か・ら。国民の生命と財産、私有財産制と生存権、基本的人権を守るために、
緊急事態に限り、公的機関に従ってくださいねって、
これをもって基本的人権の制約とするなら、

救急車がきたときに道を開けなければならないのは私の運転する権利を奪うものである

とか云うのと同じです。

最後の文章として、「緊急事態には」という文章を省いて、
公的機関の指示には従うようにするための憲法改正ですというようなことが書かれています。
都合の悪い部分を勝手に削除して批判する常套手段ですね、
そんなもん、オイラたちネトウヨには通用しません。

もっとも残念なのは改正11条が、基本的人権の制約になっているということについては、
なにも書いてないので、彼らも改正11条にはツッコミようがないと判断できると思います。

憲法第3章、つまり11条でで平時の基本的人権はむしろ強化されていると思います。
97条の削除を「最高法規」からの削除ダーとかいうのは、印象論に過ぎません。
98条に憲法全体を規定する最高法規規定があるので問題を感じませんね、オイラ。
98条とは、「この憲法に反する詔勅などを認めない」ってことです。

キリスト教は愛と希望の宗教ですが、軽く絶望しかけた回答でした。
正平協とは今後とも、さまざまの形でやりあっていこうと思います。

「あなたは、兄弟の目にあるおが屑は見えるのに、自分の目の前にある丸太に気づかないのか。
兄弟に向かって『あなたの目からおが屑をとらせてくださいとどうして言えようか
自分の目に丸太があるではないか」(マタイ福音書7.3-4)


オイラの目の前には丸太ありますよ。
憲法について専門的に学んだことがないっていう丸太。
けど正平協は、その丸太に気づいているのでしょうか。
それ以前の間違いや詭弁、論理の間違いに気づいていません。
しかたありませんね。何度でも戸を叩くことにします。

6/5:文章の論理など磨き上げ
関連記事
[ 2015/06/04 04:41 ] 逆襲のネトウヨ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

サーディア

文責:サーディア


記事を良いと思ったら気軽に
拍手ボタンをクリック下さい。
励みと参考にして頑張ります。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。