ネトウヨカトリック・サーディアのブログ

日本カトリック界隈をネトウヨするサーディアの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ゆるしの秘跡

ゆるしの秘跡と言うのがあります。カトリック教会に。
んでこれは、サクラメント(秘跡)なので、洗礼の秘跡即ち入信してない人は受けられません。
今日朝一番にゆるしの秘跡を受けてきました。



他にもいくつかの本を今回、読みまして。
実は今までゆるしの秘跡ってピンとこなかったんですよ。
で、上記の本を読んだりして、だんだんピンときてるわけです。

未信者の方にも面白く読めるように配慮します。

ダビデ王は最高でした。しかし、ダビデ王でも完璧ではありませんでした。
若い頃はよかった。とてもいい話ばかり。しかし、間違いを犯してしまいます。
バト・シェバという他人の妻に恋をしてしまう。
そしてバト・シェバも受け入れ不倫の関係になります。バト・シェバは妊娠します。
バト・シェバの夫ウリヤは優れた戦士で、戦場にいます。
夫がいるはずのない家で子供が生まれたら、不倫に間違いありません。
ダビデ王は賢い、この場合ズル賢くウリヤを呼び戻し、一度家に帰るよう命令します。
1夜でもウリヤが家に戻ったなら、不倫かどうか判断できなくなる。
しかしウリヤは真面目な戦士だったので、戦場にいる友たちに悪いと思って家に戻らなかった。
ダビデは困ります。最終的に、ウリヤの上官に、ウリヤを敵の手で殺させるよう命じます。
そして死んだウリヤの妻バト・シェバはダビデと結婚して子供を産む。表向き何の問題もない。

しかし、そうして真面目で勇敢な戦士ウリヤは死にました。
預言者ナタンは神の命令をうけてダビデの元に行き、ダビデ王を痛悔させます。
そしてナタンは告げます。わたしはあなたをゆるす。しかし生まれてくるあなたの子供は死ぬ。

さて、よく云われますが、罪を告白したからといって、
簡単に赦されるとか楽勝過ぎるだろって言う人がいます。
このダビデのエピソードを見なさい。
神さまはダビデをゆるしたけれども、ダビデの罪をなかったことにはしなかった。
不倫によって産まれた子供は死にました。
ダビデはその子供が病気の時に必死に祈りました。
必死にその子供に何の罪もなく、罪はすべてダビデ自身にあると祈りました。
けれど、子供は死んだのです。

我々カトリック教会でのゆるしの秘跡は甘いものじゃないことを、
知ってほしくて書きました。
オイラはゆるしの秘跡を受けて、つぐないを指示されました。
毎日1日の終わり、眠る前に主の祈りを唱える事です。
その習慣をつけて、絶対に祈り続ける事です。どんな1日の終わりであっても。
それをしなければ、さらに罪を犯すことになる。
償いを果たすことが出来なかったと、ゆるしを願いに行くのです。

はい。カトリック教会のゆるしは、決して楽なものじゃないぞと言いたかっただけです。
伝わったでしょうか?
関連記事
[ 2015/05/27 13:07 ] カトリックの日常 | TB(0) | CM(1)
はじめまして
以前、聖母マリアの花園で、茶色のスカプラリオのスカプラリオでコメ頂いたじょばんにと言います。
今月の19日、カルメリットになりました。
サーディアさんもどうですか?
上野毛カトリック教会の方は対応がとてもよかったですよ。
[ 2015/07/26 22:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

サーディア

文責:サーディア


記事を良いと思ったら気軽に
拍手ボタンをクリック下さい。
励みと参考にして頑張ります。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。