ネトウヨカトリック・サーディアのブログ

日本カトリック界隈をネトウヨするサーディアの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

逆らわない者は味方

「ヨハネは言った。『先生、お名前を使って悪霊(あくれい)を追い出している者を見ましたが、わたしたちにと一緒にあなたに従わないので、やめさせようとしました」(ルカ9.49)

前後を言えば、この箇所の前では弟子の中で誰が偉いのかという議論があり、「イエスは彼らの心の内の見抜き、一人の子供の手を取り御自分の側に立たせて言われた。わたしの名のためにこの子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。わたしを受け入れる者は、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである。あなたがた皆の中で最も小さい者こそ、最も偉い者である」(ルカ9.46,48)

たぶん自分を大きく見せようとして「大きく見栄を張った者競争」みたいなものが行われていたのでしょう。だから、もっとも小さい者、発言をしようとせずよくわからず、なぜ喧嘩のようなことをしているの?とポカーンとしていた(推測)子供を連れてきて最も偉いのは、もっとも小さな者、大きく見栄を張ろうとしない者、見栄を張る意味のなさを知っている者だと言っているのだと思います。

そこでヨハネが言ったわけです。先生の名前を使ってアクレイ(悪霊)を追い出している者がいましたが、わたしたちのようではなく、イエスに従おうとしないので、悪霊を追い出すのをやめさせようとしました、と。

そこで、「イエスは言われた。やめさせてはならない。あなたがたに逆らわない者は、あなたがたの味方なのである」(ルカ9.50)

不思議なことです。イエスの名によって悪霊を追い出していながら、イエスに従わない人たちとは何を考えているのでしょうか。自分の栄達のためにイエスのみ名を利用しようとしているのでしょうか。そして彼ら、イエスに従わない人たちはイエスから遙か遠い場所(物理的にも霊性的にも)にいて、イエスの名を使って奇跡を起こしていた。

思い起こされるのは、3か所。イエスに対して主よ主よと言う者が全て救われるわけではないということ。「不法を行う者どもよ、お前たちのことなど知らない」と天の国の鍵を閉めてしまわれる箇所。
もうひとつは、弟子たちがイエスの名を使ったら悪霊が逃げたと驚き喜んだのを見て、イエスがたしなめられた箇所。
さらには(ヨハネ10.37,38)「もし、わたしが父の業を行っていないのであれば、わたしを信じなくてもよい。しかし行っているのであれば、わたしを信じなくとも、その業を信じなさい」

最初に戻りましょう。
イエスの名を借りて、悪霊を追い出すという善行(?)をしているが、イエスに従うのを拒む者って何者なのでしょう?
オイラは知っているような気がします、そういう人たちを。
イエスキリストという隅の親石を土台にせずに善行(?)をしている人たち。善行(?)という業(わざ・つまり奇跡や秘跡)を行ってはいるが、イエスキリストを土台としていない人たちですね。

砂の上に家を建てた人と石の上に家を建てた人のたとえも思い起こされますが。
ともあれ自分の「持ち物」を全て売り払って貧しい人に施しをしているが、神を信じていない人たち。
知っているような気がします。そういう人たちを。

しかしそういうオイラは、貧しいと言いながらPCなどを持ち、
売り払わず分け与えず、自分の事ばかり考えている、愚かな金持ちのたとえ、
たくさんの収穫を得たら蔵をたてて、自分のためにとっておこうとする者、
自分サーディアはそちらに似ているのですけどね。
関連記事
[ 2015/05/22 06:38 ] カトリックの日常 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

サーディア

文責:サーディア


記事を良いと思ったら気軽に
拍手ボタンをクリック下さい。
励みと参考にして頑張ります。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。