ネトウヨカトリック・サーディアのブログ

日本カトリック界隈をネトウヨするサーディアの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ジャブ】日本の司教団の現状【打つべし】

日本カトリック司教団は
戦後70年司教団メッセージ「平和を実現する人は幸い~今こそ武力によらない平和を」
というメッセージを出しました。
誰に宛ててに出したんでしょう。書いてあります。
「キリストにおける兄弟姉妹、ならびに平和を願うすべての方々へ」

実に微妙な宛先です。

日本カトリック司教団は日本政府・現安倍政権宛にも、この文書を出したのでしょうか。
それとも現政府を平和を願っていない政府だとして、
このメッセージを宛てていない、政府には呼びかけていないのでしょうか。

つい先日、アドリミナと呼ばれる各国司教団の定期聖座訪問、
つまり定期的に司教様たちは教皇聖下を訪問しなければならないのですが、
7年ぶりに、次回の日本の訪問は8年後かもと言われるくらいの順番待ちですが、
つい先日、アドリミナがありまして、教皇様と日本司教団は面会しています。
その際についでというわけではないでしょうけれども、
バチカン市国・国務省長官ピエトロ・バロリン枢機卿とも司教団は面会し、
「枢機卿は司教団の戦後70年メッセージ(2月25日付)を
日本政府に手渡すことを勧め、政府との対話を促した」のだそうです。

教皇と自由に対話-カトリック新聞
http://www.cathoshin.com/2015/04/02/2-adlimina-2015/

つまり、こういうことですね。
平和を願わない政府には出してないけど、平和を願う政府だとしたら宛ててるよ、
とかいう、玉虫色の宛先じゃなく、ちゃんと日本政府にメッセージを宛てて、
日本政府と日本カトリック司教団はちゃんと対話しなさいと、
おそらく枢機卿猊下はそう言ったのだと自分サーディアは思います。

宛先問題はこれくらいにして内容を一か所軽くジャブ入れましょう。

1986年9月26日、東京で開催されたアジア司教協議会連盟総会のミサにおいて、白柳誠一東京大司教(当時)は次のように述べました。 「わたしたち日本の司教は、日本人としても、日本の教会の一員としても、日本が第二次世界大戦中にもたらした悲劇について、神とアジア・太平洋地域の兄弟たちにゆるしを願うものであります。わたしたちは、この戦争に関わったものとして、アジア・太平洋地域の2千万を越える人々の死に責任をもっています。さらに、この地域の人々の生活や文化などの上に今も痛々しい傷を残していることについて深く反省します」。

日本カトリック司教団はこの30年前の立場を今も踏襲しています。
流石に踏襲していないとは言わないでしょう、3項を読む限り。
10年前も20年前も、そして今も踏襲していると考えてよいと思います。
するとひとつ気になる事があるのです。

神とアジア・太平洋地域の兄弟たちにゆるしを願う

神のゆるしと、人のゆるしは一致しない事もあるのでは?
神はゆるしている。しかし人は頑なに赦していない。
そういう状況は考えられます、ありえます。

神に何度も赦しを願うのは最後の審判の日に決定的に赦されるためでしょう。
人に何度もゆるしを願うのはどういうときか。
それは相手が許さない時です。事実、中朝韓は決してゆるしていません。

カトリック教会、我々は、互いにゆるし合う事を主張すべきです。
自分サーディアは懸念します。
「アジア・太平洋地域の兄弟たち」と神を混同してはいないかと。
何度も何度も神に赦しを願うように、
「アジア・太平洋地域の兄弟たち」に何度も何度も平伏してゆるしを願うのだと。
そうじゃないですよね? 司教様。

オイラは司教様たちがそんな間違いを犯しているとは思いたくないですねぇ。
で、あれば「アジア・太平洋地域の兄弟たちにゆるしを願うものであります」とは、
どのような意味なのでしょうか。
自分サーディアにはわかりません。
イエス様、司教様、司祭様、神学生の誰でも構わない。
あわれなオイラに教えてください。

↓よいブログ記事だなと思った方は是非拍手を、1人1回お願いしますm(_ _)m
関連記事
[ 2015/04/15 18:45 ] 逆襲のネトウヨ | TB(0) | CM(2)
コメントありがとうございます
いやいや、流石に神学生を問い詰めるつもりはなく、神学生であっても自信があるなら答えてくれと言ったつもりですw
司祭・司教には聞きたいところですけれども、逃げ場をなくしてから聞きたいので、なかなか機会に恵まれませんね。
しかしみ旨にかなうなら必ず司祭や司教にオイラや誰かが訪ねる時がくるでしょう。
アジア・太平洋地域の兄弟たちを神だと思ってないか?と。
[ 2015/04/16 09:36 ] [ 編集 ]
ん…
ご無沙汰です
サーディアさん
司教、神父には答え
は求めてもいいと
思いますが、
東京教区に連絡して
もつないでくれませ
んよね〜
大阪教区、あとは
九州方面、所属教会に
問い合わせですね!
待っても返事こない
ですよ!
あと、神学生には
この答えを求めるの
間違いです。
お勉強中です。
聖職者でもないのです
から負担をかけないで
あげて下さい。
宜しくお願いします。
大変でしょうが
司教様方々の門を開く
役目がサーディアさんに
きたと思います。
私も、門叩いてましたから
でも、色々と話せばその
人格がわかりますからね
話すと言う事はいい事です
恐れずに
思うままに行動をと感じます
応援しています。

大変だけど、話してみたら
すごい面白いとか陰険な人
だったり
知る事は必要だと思います

待つだけならば
たぶん、自分の言葉しか
聞こえないとは思います。
では、失礼します。

でも、努力を
[ 2015/04/16 04:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

サーディア

文責:サーディア


記事を良いと思ったら気軽に
拍手ボタンをクリック下さい。
励みと参考にして頑張ります。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。