ネトウヨカトリック・サーディアのブログ

日本カトリック界隈をネトウヨするサーディアの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【印象操作】教皇様と日本司教団【解除】

ちょっと捨て置けない記事が、
かの朝日新聞から出ていましたので解説を。

ローマ法王「広島・長崎の経験とどめる努力に感謝」
ローマ=山尾有紀恵 2015年3月21日04時20分 朝日新聞

教皇フランシスコ聖下に日本司教団が面会しました。
教皇フランシスコ聖下は、

平和を主導し、70年前の第2次世界大戦の終わりに広島や長崎の人々が経験した計り知れない苦しみ(の記憶)を世界にとどめる努力に深く感謝します

と述べられました。
日本の教会へ、原爆の記憶を「世界にとどめる努力」に感謝を表明されました。
素晴らしい事です。聖下のお言葉にこそ感謝します。

司教団は2月、戦後70年にあたってメッセージを発表し、戦時下で起きた人道上の罪の歴史を否定する動きや集団的自衛権の行使容認を批判し、沖縄の基地問題にも懸念を表明。今回のバチカンへの定期訪問でも、その内容を説明するとしていた。

そうですか。
日本司教団の戦後70年メッセージは自分は読みましたが、
およそヒドいものだと思いました。それを聖下に説明しようとしたのですね。
構いません。教皇聖下はあんなものを評価しないでしょう。

記事は続きます。また教皇聖下は、

禁教令の時代に弾圧を受けながらも信仰を守った潜伏キリシタンや、日本にキリスト教を伝えたザビエルなどの宣教師を「日本のカトリックの歴史の柱だ」とたたえた

ありがたきしあわせ。
日本のカトリックの歴史の柱を我々日本の教会は大事にしたいと思います。
聖フランシスコザビエルをはじめとする宣教師たちから伝えられた教えを、
どんな苦難のときにあっても守ること、それが日本の教会の柱です。

記事は以上です、おつかれさまでした( ゚Д゚)ゞ

教皇聖下は
「旧日本軍の人道への罪」や
「いわゆる歴史修正主義」や
「集団的自衛権の行使容認」や
「沖縄の基地問題」などへは

何もおっしゃっておられないようです。

少なくとも記事には書いてありません。
オイラは、仰られなかったのだ、沈黙されたのだと解釈します。
以上、朝日新聞の印象操作解除のための、
ネトウヨカトリック・サーディアのブログ記事でした。

↓この記事を良い記事だなと思った方は拍手ボタンをクリックしていってね。

追記:
相互フォロワー図書助さんより情報をいただきました。

https://twitter.com/zshns/status/579131245314998272

教皇様は日本での弱者救済、特に被災者への対応に謝意を述べられ、広島、長崎への取り組みにも感謝されています。

確かにカリタスジャパンやボランティアなど、
日本の教会は東日本大震災の被災者への支援を精力的に取り組んできました。
そのことへの評価を教皇聖下からいただいたことは、誠にめでたいことです。

図書助さん、情報提供ありがとうございました!

再追記:3/22
ローマ法王:原発は「バベルの塔」 現代文明のひずみ指摘
毎日新聞 2015年03月22日

 バチカンは会見の詳細を発表していないが、日本司教団によると、法王は「人間は神の定めた自然のおきてに逆らってはいけない」と指摘。原発を旧約聖書の「バベルの塔」になぞらえ「天に届く塔を造ろうとして、自らの破滅を招こうとしている」と表現し、「人間が主人公になって自然を破壊した結果の一つ」と述べたという。

左様ですか。
名誉教皇ベネディクト16世さまも東日本大震災前は、
原子力発電の有用性について語っておられましたが、
地震による津波による電源喪失事故後、
原子力に対する慎重な取り扱いを語っておられました。
その延長線上で日本司教団に答えられたのでしょう。

法王は「原発廃止」や「脱原発」には言及していないが、現代文明の抱える課題として懸念を表明した形だ。

当たり前です。
日本司教団は事故の起きた約8か月後の11月に
「即時脱原発」などという寝言を述べましたが。

いますぐ原発の廃止を 2011年11月8日 仙台にて 日本カトリック司教団

事故のショックで正気を失っているとしか、今読んでも思えません。
電力が失われれば、どれだけの弱者の命が喪われるか、
まさに東日本大震災で経験したでしょうに。
20年のデフレ不況でどれだけの日本人が苦境に陥ったかを思えば、
「単純質素な生活様式」などという言葉は弱者イジメでしょう。

なにより教皇フランシスコ聖下が、
日本司教団ののたまう「即時脱原発」に同意されなかったのは、
喜ばしい事で、自分サーディアはホッと胸をなでおろしています。

「原発推進派」である自分サーディアは、
「神の定めた自然のおきて」に反しないように慎重に、
原発を管理し、古い原発を廃炉にし、新しい原発を建設し、
原子力発電でもって日本のエネルギーの安定供給を確保することで、
弱者の命と安定した暮らしとを守ることを政府には志向してほしいと思います。
また現実的代替エネルギーの開発も進められるべきです。
その結果原子力発電が、過去の非効率なものとなるよう願います。
関連記事
[ 2015/03/21 12:13 ] 逆襲のネトウヨ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

サーディア

文責:サーディア


記事を良いと思ったら気軽に
拍手ボタンをクリック下さい。
励みと参考にして頑張ります。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。