ネトウヨカトリック・サーディアのブログ

日本カトリック界隈をネトウヨするサーディアの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネットにあふれる「死ね」

ここ日本インターネットでは草創期から「死ね」という言葉はあふれています。

よく「2ちゃん用語」で「氏ね」とかいわれますが、これつまり「死ね」が多いので「場」を管理する人が「死」を書きこみ禁止ワードにしたから、その禁止をすり抜けるために「死」の字を使わずに意図を伝えようとした結果だと、自分サーディアは風の噂に聞いています。

「死ねよ」「バーカ」とか、そういう罵倒語の投げ合いはネットでは日常茶飯事で毎日どこかしこで起きていると思います。特に昨今ネットの敷居が下がったためネットユーザーは増えましたので、起きていない日などないでしょう。

だからね。ネトウヨカトリックとして口を開かせてもらいますよ。

死ねよ、バーカ。
いっぺん死んで霊的に生まれ変わって、
回心して神の愛を感じろ。

聖書にはこう書いてあります。

兄弟(他人・人類全て)に「ばか」と言う者は最高法院に引き渡され、
「愚か者」と言う者は、火の地獄に投げ込まれる。

マタイによる福音書5章22節b,c

どうか主イエスキリストが自分サーディアを最高法院に連れて行き、裁いて下さいますように。そして火の地獄に投げこまれる裁きを主がなさるとしても、その裁きは正しいと自分サーディアは言います。
主イエスキリストの裁きはいつも必ず正しいのです。それが我らの信仰ですから。
アーメン✝現代の地の果てインターネットの全ての人々に主の平和。
愛してるよ、おまえら。

↓この記事を良い記事だなと思った方は拍手ボタンをクリックしていってね。
関連記事
[ 2015/03/19 22:50 ] ネトウヨの言葉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

サーディア

文責:サーディア


記事を良いと思ったら気軽に
拍手ボタンをクリック下さい。
励みと参考にして頑張ります。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。