ネトウヨカトリック・サーディアのブログ

日本カトリック界隈をネトウヨするサーディアの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カトリックの有名人について

自分サーディアの独断と偏見で選ぶ、
存命中の日本のカトリックの有名人といえば。

アグネス・チャン
日本名:アグネス金子美齢さん。英国籍。
有名芸能人で教育学博士号を授与されている知識人。
初代日本ユニセフ協会大使

麻生太郎
フランシスコ麻生太郎さん。
大物政治家で第92代内閣総理大臣、
第二次第三次安倍内閣では副総理・財務大臣

誰もが聞いたことがあるであろう名前を選びました。
他にもいます。カトリックの有名人。
日本のクリスチャン有名人一覧
↑このページでカトリックで検索かければ出てきます。

前の記事で少し触れましたが、
カトリック信徒には所属教会(小教区)・所属(大)教区があるんです。
正確に言えば、所属教会(小教区)、所属(大)教区。そしてバチカンに属している。
普通であれば信徒は、所属教会の御聖堂でミサにあずかっているはずです。
そして、その教会(小教区)は必ず(大)教区に属しています。
例えば東京教区、大阪教区、さいたま教区、横浜教区など
日本には16の教区があります。
参考URL:http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/dogma/index.htm
(カトリック教会の概説-カトリック中央協議会)

ちょっとわかりにくいですかね?w
ですが他の話もからめつつ何とかわかりやすくしようと思います。
カトリック信徒は必ず、戸籍のようにどこの教会に属しているか記録されています。
引っ越しなどしたら「引っ越したので所属教会も移りたいです」という届け出をしなければならない。
ミサにあずかるのは普通所属教会ですから。引っ越ししたら所属教会も変えないと不便。
そして、このような届け出をするのは信徒の義務です。
教区内であっても所属する小教区、教会が変われば届け出をします。

たとえば、東京教区・町田教会所属サーディア(仮名)がいます。

都心の近くに引っ越すとして成城教会が近い。成城教会に属するとします。
すると東京教区・成城教会所属サーディアになるわけです。
また町田のすぐ近くに相模原教会というのがあるのです。
ここは横浜教区なので、ここに転籍するなら自分サーディアは、
横浜教区・相模原教会所属サーディアになるわけです。

近距離で住所を移さず所属教会だけ移して教区替えできるんですね。
東京教区はイヤじゃ! 横浜教区がイイ( ゚∀゚)とか云って、
横浜教区所属サーディアになることもできる。
けれども、これには届け出の義務があり、写しがバチカンに送られます。
そしてバチカンで全て管理され、戸籍のようにまとめられているのです。
10億以上の信徒の記録がバチカンには登録されております。

さて、何が言いたいかというと有名カトリック信徒とはいえ例外ではない。
浜矩子女士でも、アグネスチャン女士でも、麻生太郎閣下でも、
所属教会を持っているはずであり、どこかの教区に属しているのです。
彼らが届け出の義務を怠り続けているのでない限り。
だから前の記事でも、浜矩子女士は今でも渋谷教会所属なのだろうかと書きました。
バチカンには記録があるでしょう。
彼らがどこの教会に所属していて、どこの教区の……
ちなみに教区を管理する責任を持つのは司教・大司教ですから、
どこの司教・大司教の監督・指導責任下にある信徒なのか、決まっているわけです。

だから、アグネスチャンに対して当然の疑問。どこの教会所属なの?
麻生太郎に対しても当然の疑問。どこの教会所属なの?
どうも公開はされていないようですが、必ずどこかの教会所属です。

つまり誰が誰の霊的指導の責任を持っている司祭・司教なの?
この疑問には簡単に答えられます。どこの教会所属なのかわかればいいんです。

たとえば変な事をしている信徒がいる。
ではその信徒の霊的監督責任を持つ者は誰か。
所属教会の司祭・所属教区の司教です。

麻生太郎の政治的行動に問題があると思う?
麻生太郎は霊的指導を受けるべきだ?
なら教会の司祭・教区の司教は誰だ、何をしている。
そういう話になります。

あるいは日本の全体の宗教法人としては、
「カトリック中央協議会」で国に登録してますので、
そこへ苦情が、あるいはそこから声明が出たりします。

アグネスチャン女士といえば
ネット界隈でも有名人であることないこと言われております。
ではそれがないことばかりならば、彼女を励ます責任、
それがあることならば、彼女を指導する責任、
それは彼女の所属教会司祭・所属教区司教なのですが、
さて、それはどこの誰やら、バチカンと神は御存じですが、
オイラは存じ上げません。

カトリック教会の内部事情を公開しつつ、
カトリック教会の有名人の置かれている状況について、
ざっくりと書きました。

彼らが適切な霊的指導を受けられますように。
お祈りしていきましょう。我らも適切な霊的成長を遂げられますように。
父と子と聖霊のみ名によって、アーメン✝

↓この記事を良い記事だなと思った方は拍手ボタンをクリックしていってね。
関連記事
[ 2015/03/16 00:42 ] 逆襲のネトウヨ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
プロフィール

サーディア

文責:サーディア


記事を良いと思ったら気軽に
拍手ボタンをクリック下さい。
励みと参考にして頑張ります。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。