ネトウヨカトリック・サーディアのブログ

日本カトリック界隈をネトウヨするサーディアの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

屋根をぶちやぶれ

聖書の中にこんなエピソードがあります。
群衆が病気の癒しを求めてイエスの滞在していた家にむらがったとき、
ある数人の人間が、その家の屋根を壊してイエスの元へ患者を連れてきたという。
もう、ひっちゃかめっちゃかだったんだろうなぁという話ですが、
「屋根を壊して」でも教会にミサに行きたいが、行けない人のために、
何が出来るだろうかと思い巡らしていてネトウヨ稼業サボり気味なサーディアです。

ツイッターではちょこちょこ遊んでるんですけどね。
スポンサーサイト
[ 2015/07/08 21:13 ] カトリックの日常 | TB(0) | CM(0)

ゆるしの秘跡

ゆるしの秘跡と言うのがあります。カトリック教会に。
んでこれは、サクラメント(秘跡)なので、洗礼の秘跡即ち入信してない人は受けられません。
今日朝一番にゆるしの秘跡を受けてきました。



他にもいくつかの本を今回、読みまして。
実は今までゆるしの秘跡ってピンとこなかったんですよ。
で、上記の本を読んだりして、だんだんピンときてるわけです。

未信者の方にも面白く読めるように配慮します。

ダビデ王は最高でした。しかし、ダビデ王でも完璧ではありませんでした。
若い頃はよかった。とてもいい話ばかり。しかし、間違いを犯してしまいます。
バト・シェバという他人の妻に恋をしてしまう。
そしてバト・シェバも受け入れ不倫の関係になります。バト・シェバは妊娠します。
バト・シェバの夫ウリヤは優れた戦士で、戦場にいます。
夫がいるはずのない家で子供が生まれたら、不倫に間違いありません。
ダビデ王は賢い、この場合ズル賢くウリヤを呼び戻し、一度家に帰るよう命令します。
1夜でもウリヤが家に戻ったなら、不倫かどうか判断できなくなる。
しかしウリヤは真面目な戦士だったので、戦場にいる友たちに悪いと思って家に戻らなかった。
ダビデは困ります。最終的に、ウリヤの上官に、ウリヤを敵の手で殺させるよう命じます。
そして死んだウリヤの妻バト・シェバはダビデと結婚して子供を産む。表向き何の問題もない。

しかし、そうして真面目で勇敢な戦士ウリヤは死にました。
預言者ナタンは神の命令をうけてダビデの元に行き、ダビデ王を痛悔させます。
そしてナタンは告げます。わたしはあなたをゆるす。しかし生まれてくるあなたの子供は死ぬ。

さて、よく云われますが、罪を告白したからといって、
簡単に赦されるとか楽勝過ぎるだろって言う人がいます。
このダビデのエピソードを見なさい。
神さまはダビデをゆるしたけれども、ダビデの罪をなかったことにはしなかった。
不倫によって産まれた子供は死にました。
ダビデはその子供が病気の時に必死に祈りました。
必死にその子供に何の罪もなく、罪はすべてダビデ自身にあると祈りました。
けれど、子供は死んだのです。

我々カトリック教会でのゆるしの秘跡は甘いものじゃないことを、
知ってほしくて書きました。
オイラはゆるしの秘跡を受けて、つぐないを指示されました。
毎日1日の終わり、眠る前に主の祈りを唱える事です。
その習慣をつけて、絶対に祈り続ける事です。どんな1日の終わりであっても。
それをしなければ、さらに罪を犯すことになる。
償いを果たすことが出来なかったと、ゆるしを願いに行くのです。

はい。カトリック教会のゆるしは、決して楽なものじゃないぞと言いたかっただけです。
伝わったでしょうか?
[ 2015/05/27 13:07 ] カトリックの日常 | TB(0) | CM(1)

逆らわない者は味方

「ヨハネは言った。『先生、お名前を使って悪霊(あくれい)を追い出している者を見ましたが、わたしたちにと一緒にあなたに従わないので、やめさせようとしました」(ルカ9.49)

前後を言えば、この箇所の前では弟子の中で誰が偉いのかという議論があり、「イエスは彼らの心の内の見抜き、一人の子供の手を取り御自分の側に立たせて言われた。わたしの名のためにこの子供を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである。わたしを受け入れる者は、わたしをお遣わしになった方を受け入れるのである。あなたがた皆の中で最も小さい者こそ、最も偉い者である」(ルカ9.46,48)

たぶん自分を大きく見せようとして「大きく見栄を張った者競争」みたいなものが行われていたのでしょう。だから、もっとも小さい者、発言をしようとせずよくわからず、なぜ喧嘩のようなことをしているの?とポカーンとしていた(推測)子供を連れてきて最も偉いのは、もっとも小さな者、大きく見栄を張ろうとしない者、見栄を張る意味のなさを知っている者だと言っているのだと思います。

そこでヨハネが言ったわけです。先生の名前を使ってアクレイ(悪霊)を追い出している者がいましたが、わたしたちのようではなく、イエスに従おうとしないので、悪霊を追い出すのをやめさせようとしました、と。

そこで、「イエスは言われた。やめさせてはならない。あなたがたに逆らわない者は、あなたがたの味方なのである」(ルカ9.50)

不思議なことです。イエスの名によって悪霊を追い出していながら、イエスに従わない人たちとは何を考えているのでしょうか。自分の栄達のためにイエスのみ名を利用しようとしているのでしょうか。そして彼ら、イエスに従わない人たちはイエスから遙か遠い場所(物理的にも霊性的にも)にいて、イエスの名を使って奇跡を起こしていた。

思い起こされるのは、3か所。イエスに対して主よ主よと言う者が全て救われるわけではないということ。「不法を行う者どもよ、お前たちのことなど知らない」と天の国の鍵を閉めてしまわれる箇所。
もうひとつは、弟子たちがイエスの名を使ったら悪霊が逃げたと驚き喜んだのを見て、イエスがたしなめられた箇所。
さらには(ヨハネ10.37,38)「もし、わたしが父の業を行っていないのであれば、わたしを信じなくてもよい。しかし行っているのであれば、わたしを信じなくとも、その業を信じなさい」

最初に戻りましょう。
イエスの名を借りて、悪霊を追い出すという善行(?)をしているが、イエスに従うのを拒む者って何者なのでしょう?
オイラは知っているような気がします、そういう人たちを。
イエスキリストという隅の親石を土台にせずに善行(?)をしている人たち。善行(?)という業(わざ・つまり奇跡や秘跡)を行ってはいるが、イエスキリストを土台としていない人たちですね。

砂の上に家を建てた人と石の上に家を建てた人のたとえも思い起こされますが。
ともあれ自分の「持ち物」を全て売り払って貧しい人に施しをしているが、神を信じていない人たち。
知っているような気がします。そういう人たちを。

しかしそういうオイラは、貧しいと言いながらPCなどを持ち、
売り払わず分け与えず、自分の事ばかり考えている、愚かな金持ちのたとえ、
たくさんの収穫を得たら蔵をたてて、自分のためにとっておこうとする者、
自分サーディアはそちらに似ているのですけどね。
[ 2015/05/22 06:38 ] カトリックの日常 | TB(0) | CM(0)

高山右近と現代朝鮮

いま日本のカトリック界隈では戦国時代の大名、高山右近を列福しようという動きが強いです。

ユスト高山右近は、秀吉の伴天連追放令を受けて所領と財産を放棄することを選びました。
そして徳川家康の伴天連国外追放令をうけて、マニラに行きそこで亡くなりました。

カトリックでは「福者」「聖者」というのがありまして、
簡単に言うと「福者」<「聖者」です。
聖者とされることを列聖といい、福者とされることを列福といいます。

そしていま、ユスト高山右近の列福列聖運動が高まっています。
オイラとしては懐疑的です。なにか臭い。

今日、それに思い当たる妄想のようなものを思いつきまして。
韓国はカトリック信徒が結構多いです。
その影響を受けて、秀吉や家康という悪人に迫害された正しい人っていう、
そんな歴史観を固定させたいのか?と。
特に秀吉。伴天連追放令を出してクリスチャンを迫害し、さらに朝鮮に攻め入った。
韓国のそんな秀吉悪玉説を、日本にも固着させたいのでは?

そんな裏があってのユスト高山右近列福運動なら。
仮にですよ。もし仮に、そんな裏があって列福運動が盛り上げられているのなら。
そんな運動は滅びてしまえばいいと思います。
[ 2015/05/20 09:14 ] カトリックの日常 | TB(0) | CM(0)

これは読んでおけという本

たまにくるんですけどね。
今日もきまして、ブログのネタにさせていただきます。



いちばん薄くて簡単に読めるカトリック教会についての本じゃないでしょうか。
あとは新約聖書。右のオススメにありますね。
両方読めば、だいたい我々が何を信じているのかがわかると思います。
カトリック限定ですけどね。
プロテスタントを理解するには、再洗礼派(幼児洗礼認めない)とか、
なんとか、いろいろ反発してたりする部分の違いで理解すればと思います。
カトリックのオイラからすればね。ここは認めてるけど、ここは否定してるから別なんだとか
その程度の理解ですよ、プロテスタントへの理解。
[ 2015/05/09 10:58 ] カトリックの日常 | TB(0) | CM(0)
カウンター
プロフィール

サーディア

文責:サーディア


記事を良いと思ったら気軽に
拍手ボタンをクリック下さい。
励みと参考にして頑張ります。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。