ネトウヨカトリック・サーディアのブログ

日本カトリック界隈をネトウヨするサーディアの記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イエズス会からの回答?

最近、正平協でも「神父」つまり司祭レベルが電話に出てくるサーディアです。
窓口担当レベルじゃどうにも手におえないんでしょうね。

バカウヨ芸人。オイラの電話に出たキエサ神父は外国の方だったので、
「Too stupid far-right crown と他人を決めつけるのが、
イエズス会なのか、福音に基づいた行為なのか」と訊きまして、
事実関係を確認する旨、回答がありました。

3月ぐらいからやってますから、もう3か月にもなるわけで、
ようやく重い腰がちょっと上がったかなと思うサーディアでした。
期待外れにならないといいなー( ゚Д゚)(棒読み
スポンサーサイト

続いてイエズス会からの回答【次回予告】

ほぼオイラのことを完全無視していたイエズス会が、
6/15に回答を出すと言ってきました。
日本管区長室がです。まぁ、社会司牧センターの上位ですかね。
日本のイエズス会の責任者。管区長。
そしてイエズス会の社会司牧を担うセンター長。
彼らはネトウヨカトリック・サーディアに何を回答してくるのでしょうか。

自分サーディアとしては、ゆっくり対話がしたいです、彼らと。
しかし彼らは早口で一方的にしゃべり、電話を切ります。
困ったものです。
日本のカトリック人口って増えてましたっけ、減ってましたっけ?

社会に福音を表していく、そういう団体がこんな体たらくじゃダメだと思うのみです。
回答を待ちましょう。神の祝福がありますように、アーメン。

【傲慢か?】世界のあちこちにケンカを売る大司教

はい、先日アドリミナというものが催されまして、
これは日本語でいうと聖座定期訪問、すなわち、
教皇様に司教様たちが定期的に訪問するということです。

そしてカトリックでもクリスチャンでもない人も名前を聞いたことがあるでしょう。
聖ペトロ。英語読みだとピーターの墓があります。
そこで司教様たちはミサを司式なされたのですが、
そこで語られたものがこちら。

教皇庁定期訪問(アド・リミナ) 聖ペトロ墓前ミサ、司教協議会会長説教

はい、ここ注目。

原発は人間が快適で便利な生活を求めるあまり、思い上がり、神の定めに反して、自然を支配しようとする暴挙にほかなりません。わたしたちは断固、即時廃止を求めています。

原発を稼働させている国は全て思い上がって神の定めに反しているらしいです。

一番下の文書の名義にご注目下さい。

日本カトリック司教協議会
 会長 岡田武夫 東京教区大司教

これが意味するところは、
いち司教の見解であり、日本カトリック司教団全体の見解ではないという意味です。
ましてや全世界カトリック教会の見解ではないという意味です。

前の記事にも書きましたが、このように、宛先や差出人の名義で、
教会の教役者たちはうまいこと言い逃れの逃げ道を残しておくのです。
「いやこれは、岡田大司教の個人的な見解で、教義じゃないから」
たぶん、司祭が問い詰められたらこう答えるでしょう。

そしてお馴染み、集団的自衛権、憲法9条、
沖縄米軍基地問題、日本の右傾化、などといったことへの意見は
全部これ岡田大司教個人の見解に過ぎないってことです。

はい、これを知らない人はミスリードされて、
カトリック教会はホント左翼というか、共産主義的というか、
近づきたくないなと思う人が多くいると思います。
特にオイラのブログの読者なんかね、
こんな考えの人とは関わりたくないって思うかもしれない。

だからね、正直邪魔なんですよ。福音宣教に。
オイラはカトリック、あぁ、そう君カトリックなの、
じゃあ岡田大司教のような考え方をしているんだね、さようなら。
これじゃ福音宣教になりません。

だからオイラとしては真実を伝えるのみです。
最後の部分を見て下さい。

日本カトリック司教協議会
 会長 岡田武夫 東京教区大司教

岡田大司教の、いち見解に過ぎません。
安心してください。オイラみたいなネトウヨ四天王でも、カトリックです。

ネトウヨカトリックとして、教会の福音宣教に協力したいと思ってこの記事を書きました。
どうか日本に、日本の風土に合ったカトリック教会が、豊かに生まれ育ちますように。
父と子と聖霊のみ名によって、アーメン✝

↓よいブログ記事だなと思った方は是非拍手を、1人1回お願いしますm(_ _)m

【続報】原発はバベルの塔?【詳報】

【印象操作】教皇様と日本司教団【解除】 3/21
 本記事は、前記事の追記3/22付の続報になります。

ローマ法王:原発は「バベルの塔」 現代文明のひずみ指摘
毎日新聞 Ts:3/22 9:00

バチカンは会見の詳細を発表していないが、日本司教団によると(略)

この出どころがわからなかったんです。
司教団が記者会見したのか、パパ様(教皇聖下)の言葉が司教団に伝わったのは、
いつどこでなんだろうとか思いました。
けれど、すんなり出てきました。
この時、手紙が渡された時にパパ様(教皇聖下)からコメントが出たようです。
そのこと日本司教団が毎日新聞に何らかの形で伝えて記事になったのでしょう。
パパ様が話したという話の出発点は札幌教区司教勝谷太治師で間違いなさそうです。

どんな伝言ゲームになったんでしょう。正確だったのでしょうか。
勝谷司教は毎日新聞の記事を特に問題視している様子はない。
すると教皇聖下と、勝谷司教をはじめとする日本司教団の間に齟齬があった?
そんな疑念がわいてきます。根拠のない話でもありません。

アドリミナを終えて - 新潟教区菊地司教のブログ

私にとっては、一部の例外を除いて、教皇様を始め多くのところでイタリア語が優先して使われたので、どうしても通訳の方々を介してのコミュニケーションになる分、教皇様もそうですが相手が本当に言いたいところは何なのかが、今ひとつつかみきれなかったと感じています。

日本人同士でも齟齬が起きたりしますから、
余計に起きやすい状況だったのかもしれないと思っています。

さてでは仮に齟齬があったとして手紙を手渡された時のパパ様の発言、
その言葉と意図とをネトウヨカトリック・サーディアなりに
パパ様の言いたかった事を復元するかのような作業をしてみましょう。
いやなに、つまり都合のいい妄想です、きっとね。

「人間は神の定めた自然のおきてに逆らってはいけない」。
これは原発問題に限った話ではない。
原則として我々は神の定めに逆らってはいけないのです。
その上で、もし原子力発電が「バベルの塔」のようなものとして使われるのなら、
原発事故という悲劇は「(神でなく)人間が主人公になって自然を破壊した結果の一つ」、
そういうことになるのでしょうね。

と、このような事をパパ様、教皇聖下が言いたかったのだとしたら、

法王は「原発廃止」や「脱原発」には言及していないが、現代文明の抱える課題として懸念を表明した形だ。

と、したにせよ日本の(狂信的)脱原発派問題を
印象操作で再燃させようとしたのか? そう疑ってしまいます。
そういう意図が働いたのか何なのか、他紙には上記引用のような表現もなく、
まるでパパ様が「原発はバベルの塔のようなものだ」と
キッパリ言ったかのような記事が出ています。

原発事故を「バベルの塔」になぞらえ警鐘 ローマ法王 Ts:3/24 19:20
さすが朝日新聞。2日もありゃこうもなります。します。朝日新聞。

司教団の岡田武夫・東京大司教などによると、法王は「人間が思い上がり、恣意(しい)的な動機で自分に都合のいい社会を作ってしまう。自分のためになると思ってしたことが自分を破壊する結果になっている」と指摘。文明を破壊する最たるものとして兵器の製造・輸出を挙げ、「そこが莫大(ばくだい)な富を得ているのが問題だ」と述べた

もはや原発関係ない、兵器の話になっている。
脱原発派の最たる詭弁は原爆と原発を混同させることです。
原爆は、いかにして核分裂反応を制御不能にして爆発させるかの技術のかたまり。
かたや原発は、いかにして核分裂を制御して爆発させないかの技術のかたまり。
まったく逆のものを一緒にしてるんですから、お話になりません。

教皇聖下の権威を利用するヤカラの話は、今後もちょくちょくするとしていくとして、
自分サーディアから言えることは「嘘をつくのはよくない」ってことですね。
口が滑ったにせよ、そういうときは謝罪すべきです。オイラそう思います。

さて、話を大きく戻しますが勝谷司教が手渡したというジャーナリストの手紙
誰なんでしょう、司教様に郵便配達させることのできるジャーナリスト様というのはw
これについてはツイッターで自分直接質問しましたので、回答がありましたら、
また続報としてお伝えしようと思います。ではこれにて。

↓この記事を良い記事だなと思った方は拍手ボタンをクリックしていってね。

【詳報】菊地司教と信徒らの議論

事の発端は菊地司教の謎ツイート。
要するにwatchしてたらミスでツイートしてバレたってことですね。焦ったのか2回。
これだけなら笑って済ませられる案件なんですけど、
菊地司教がwatchしてた話題が話題だけにそうもいきません。
詳細は上の菊地司教のツイートの時間の部分をクリックすれば出ます。
興味のある方は、読まれるとよいでしょう。

簡単にまとめます。
発端は3/6の一念通天さんの軍関係者の生活さんへのツイート。
ここで紹介されている記事について書いたのが【詳報】若者たちの右傾化です。
カトリック信徒であっても、このようなイエズス会社会司牧センターの記事に
義憤を覚える者も少なからずいるということを、知ってほしくて先に片づけました。

さて、おそらく未信徒?(※カトリックでは信徒でない人をこう呼びます)の方々が、
カトリックって共産主義と協働してたりして臭いよなっていう話に、と、信徒よはねさんがからんでいったのが議論の始まりでしょう。

引用されている現代世界憲章をかみ砕けば、
無神論の共産主義者が、仮に喫緊の核戦争に反対するとして、
だからといってカトリック信徒が、逆にその核戦争に賛成するわけはなく、
共産主義者とカトリック信徒でも喫緊の核戦争反対のため協力・協働する。

核戦争のようにわかりやすい話ならば、
自分サーディアも共産主義者と共に反対活動をしますが、
日本における国旗国歌の扱いについてとか、
原子力発電を含めた国家の電力エネルギーのベストなあり方とか、
そういう議論の余地のある話題になってくるとです、
共産主義者と間違った目的のもとに共に反対したら、
何を共通項に共に反対、協力しているんですかって話になります。
無神論や共産主義を共通項にしてるんですか? カトリックが?
そんな宗教は偽物じゃんと、こういう意見も理解できます。

平時におけるカトリック信徒と共産主義者との協働など、
慎重に慎重を期して行われなければなりません。
誰の目から見ても正しい目的のための協働かどうか、慎重であるべきです。

率直に申せば、ネトウヨカトリック・サーディアは、
日本司教団は間違った目的に奉仕するために共産主義者たちと、
「正しい目的のためなら共産主義者とも協力する」などと誤魔化をし、
無神論的、共産主義的活動に援助・協力、
または参加しているのではと疑惑を持っています。

このような疑惑を持つカトリックの人たちのことを聖座忠誠派と、
即ち教皇(聖座)へ正しく忠誠を捧げるために、
日本司教団の活動を注視し、反聖座的活動に反対する、そう呼ぶこともあるそうです。
そういう意味でなら、ネトウヨカトリック・サーディアは、
聖座忠誠派カトリック信徒サーディア(仮名)です。

さて、話を議論に戻しましょう。
共産主義にかぶれてカトリックの本分を忘れてるように思われる信徒も
残念ながら少なからずいるようですから、軍関係者の生活さんの疑問も当然でしょう。
またわかりにくいお答えですね、司教様。
霊的指導の必要のないキリスト者はいない。誰もが霊的に不完全であるから。

でも、言葉通り過ぎる回答ではありませんか?
共産主義の影響を強く受けている信徒がいたら特に注視せねばならないのでは?
99匹の健康そうな羊と、1匹の弱った羊がいたら、
その弱った羊に特に注視しなければならないように。

「その上で」菊地司教様は仰います。
ある個人、ここではよはねさん、への個別の指導が必要なら、
司教様や司教様の協力者である司祭が奥の小さな部屋で1対1でヒッソリと、
本人の秘密も守られるようにやるべきであり、
外科手術を公開ショー・大道芸のように公の場でやらないように、
「私的領域」でやるべきで「公の場でのお答えにはそぐわない」。
司教として、ツイッターであれこれ言うべきでない話題です、と。
そういうことですよね? 違うのかもしれません、ここ大事なポイント

そうだとして、共産主義にかぶれた信徒が特に霊的指導を受けるべきかへの回答にはなっていません。
菊地司教様は軍関係者の生活さんの質問に実質回答していない
なので軍関係者の生活さん、ツッコミを入れます。
(゚д゚ )?
司教様、オイラ信徒になって日が浅いせいかわからないんですが、
共産主義への破門制裁は廃止された、それはいいです。
しかし問われたのは制裁措置ではなく
「(特別な霊的)指導はなされないのでしょうか」と問われたのでは?

「制裁」がなくなったので、

教導職は個人の内心の自由には介入しません

ちょっと意味がわかりません。
共産主義への傾倒、後述がありますが、即ち「宗教と相容れないもの」への傾倒、
それは「個人の内心の自由」ではないのでは?
自分サーディアには「自殺は個人の自由」と言っているのと同じに聞こえます。
希死念慮、自殺願望にとらわれている人間への「制裁」は廃止された。
良いことだと思いますよ。必要なのは「制裁」ではなく精神的治療や霊的指導でしょう。
しかし自殺は止めねばならないのでは? 隣人として止められる立場にあるならば。
「介入しない」のですか? 自分には理解できません。
生と死は相容れません。
宗教カトリックと共産主義は相容れません。理解できます。
カトリック信徒が共産主義に傾倒する。
宗教的に「自殺に傾倒する」のと何が違うのでしょう。理解できません。
そして自殺に傾倒する者を放置するのが正しいというのも理解できません。

以下、多少続きますが菊地司教は新しい事を述べておられず、
繰り返し聴衆に説明をなされている形なのでここでは紹介しません。

さて菊地司教へ、この文章をツイッターで@をつけて送ってみたいと思います。
自分サーディアは何を「誤解」しているのでしょうか。菊地司教へ回答を求めます。

↓この記事を良い記事だなと思った方は拍手ボタンをクリックしていってね。
カウンター
プロフィール

サーディア

文責:サーディア


記事を良いと思ったら気軽に
拍手ボタンをクリック下さい。
励みと参考にして頑張ります。

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。